Cat&Bonito is  ...

 

​【設立趣旨】

ポストロック、エレクトロニカを中心に、優れた作品を制作している音楽家の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたい。そんな思いを込め、2015年に立ち上げた非営利のインディーズ音楽レーベルです。ライブイベントの企画やCD音源のリリースを通じ、インディーズ音楽界の活性化に寄与していけたらいいなと思ってます。
 

【インディーズとは】
ここでいう「インディーズ」というのは、商業的ないわゆるメジャーレーベルでの活躍をめざすロックバンドたちの「下積み」期間のようなものをさしているのではありません。言葉の正しい意味でのインディーズ、すなわち「インディペンダント=独立の精神」で、レーベルの僕(しもべ)となって人気と金を追い求めるような活動はせず、ほんとうに作りたい音楽の制作、本当にやりたいライブ演奏だけに没頭する世界を意味します。私たちは、そうした姿勢を示す音楽家たちに敬意を払い、ジャンルにとらわれず関わっていきたいと考えてます。

【ライブイベントの企画と開催】

良心的に経営されている小規模のライブハウス、ライブバー、カフェ、アートギャラリーなどを会場に、低料金でクオリティの高い音楽ライブイベントを企画・実施してきてます。営利目的ではないので、運営経費を除く収益分は出演者たちに供与していくよう心がけてます。映像作家や写真家、画家など、多様なジャンルのクリエーターの方々とのコラボレーションによる企画にも積極的にとりくんできてます。

【CD音源の制作とリリース】

マスター音源の作成(レコーディング・ミキシング・マスタリング)、ジャケットのデザイン、販売価格の設定など、すべてケースバイケースで音楽家側と協議し、音楽家側の意向を重視しながら進めてきてます。営利を目的にしていないので、当方が供出した制作費をこえた収益は、業界の一般基準よりはかなりの高い率で音楽家側に利益配分をしていくよう心がけてきてます。赤字が出た場合は、レーベルと音楽家側で協議しながらほぼ半々の折半で負債を負うかたちでやってきてます。

【今後の課題】

この音楽レーベルを、商業音楽の世界とは一線を画して自分たちの暮らしに根ざした音楽の創造と発信のためのプラットフォームにしていけたらいいと考えてます。ゆくゆくは、文化振興のためのNPO組織に変えていけたらとも考えてます。音楽活動を金儲けの手段にするつもりのない音楽家たちがつながり、商業ベースに縛られず満足と納得のいく制作やライブ活動を続けていける手助けになれる音楽レーベルをめざしてます。そのために、オーディエンスも含めた音楽を愉しむ者たち同士の「互恵性」の追求、個々の音楽家の活動の「持続可能性」の追求の具体的なかたちを手探りで模索してきてるつもりです。現在もそのポリシーに揺らぎはありません。

【追記】

当音楽レーベルと関わり、ともに何かを創り出そうとする音楽家たちは、生活の糧となる仕事をしっかり持ちつつ、音楽活動のみで生計を立てていくつもりが将来的にもないというような人たちが基本です。趣味の範囲で活動し、にもかかわらずその成果としての作品がハイクオリティであるような音楽家たち、と言い換えてもよいかと思います。

その一方、将来的に「売れたい」「音楽でメシを食っていきたい」と考える音楽家たちが、作品を世に出していくためのゲートとして当レーベルを使うことも、その方の音楽性や人間性しだいでは可としてきてます。しかしその場合、以下のことは納得の上でという付帯条件をつけさせていただいてきてます。広告代理店と契約して大規模なプロモーションを展開したり、JASRACKに楽曲の著作権管理を委託したり、最終的に1000枚を超えるような大きな売り上げを達成する、などのことを期待しないことです。

  • Twitter Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now